ヘッドスパの種類

ヘッドスパには、手入れダイアログにて様々な種別があります。
立ち向かう手入れ方法によって得られる働きも違う結果、自分が貪る働きを得られるツボを選ばなければいけません。
ヘッドスパの種類をいくつか紹介していきます。

<炭酸ヘッドスパ>
お湯に二酸化炭素を溶け込ませた炭酸泉において立ち向かうヘッドスパだ。
普段の洗髪だけでは何やらきれいに落としきれない、スカルプ、毛孔、髪の毛に付いている皮脂汚れ、残留品などを除くことができます。
炭酸泉はスカルプの血行を促して代謝をアップさせ、不純物の放出も促すことができます。
彩り、パーマなどで傷んでアルカリ性になった髪を健康な酸性の具合へ招くことができます。

<スカルプヘッドスパ>
頭皮は「スカルプ」のことです。
スカルプの染み、毛孔に詰まってしまった染みをきれいにするためヘッドスパだ。
抜毛、薄毛に悩む顧客に定番のスカルプ癒だ。

<超音波ヘッドスパ>
毎秒500万回という超音波振動により、毛孔の染みを分裂していくツボだ。
自分ではきれいに洗髪を通して洗い流しているつもりでも、実際には洗い残しがあってそれがホコリ、チリなどと合わさってスカルプ背景を悪くしてしまう。
超音波振動にてこんな頑固な染みも分裂してスカルプ背景を合わせることができます。

<オイルヘッドスパ>
オリーブオイル、ホホバオイル、椿油などのオイルを活用して立ち向かうヘッドスパだ。
白髪、フケ、スカルプのかゆみなどの悩みがある顧客におすすめです。
UVにて乾燥した髪を世話行なう。ミュゼ池袋の最新高速脱毛で時間がなくても美肌脱毛